February 05, 2009

当社の施工事例が掲載されています!

1月発売の(財)経済調査会発行「積算資料ポケット版 リフォーム2009」に、当社のバリアフリーリフォームの事例が掲載されました。

http://book.kensetsu-plaza.com/details/index_107.html

リフォームに至った経緯、リフォームの概要と費用を、写真と図面とともにわかりやすく説明しています。

書店などでぜひ手にとって見てください。

ちなみに、当社の事例は401ページからです。

| | Comments (147) | TrackBack (0)

September 07, 2007

マンションの竣工図

ユニットバス交換のご相談。築約20年のマンションで、ユニットバスの入口の段差が16cm、しかもドア枠がまたぎ段差になっていて浴室内が枠から9cm低くなっている。脚が不自由でこの16cmの段差に苦労しているとのこと。

低床タイプのユニットバスに交換することで、段差の緩和は可能。ただし、ユニットバスの下がどうなっているか、コンクリートスラブの位置や、給排水管の通過する位置によって対応できるユニットバスと解消できる段差の範囲が違ってくる。

打合せの後、見えないところを知るためにマンションの管理事務室に立ち寄って竣工図を見せてもらう。

竣工図とは、マンションの設計図もとに実際に建設した建物で、建設中に変更した部分を修正した図面。特に配管や配線は施工途中で変更されることが多く設計図と竣工図は一致しないことが多い。

大規模な改修や耐震診断、住戸のリフォームなどでも役立つ大切な図面。

さいわいこのマンションは竣工図は保管され、理由を話すと快く見せてもらえた。

Img_5195大型で分厚い図面

Img_5187給排水の図面

Img_5190建物の断面(矩計)図

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 05, 2007

軒天井の補修

木造住宅の屋根の庇の裏側を軒天井といい、一般に耐水合板や穴の開いた板(有孔ボード)などを貼ってあります。。

雨漏りがあったり、屋根の内部の結露などのために、この部分や鼻隠しと呼ばれる外側の木材などが腐食してくる場合があります。

今回は一部腐食した軒天井ボードを貼り替えました。あわせて水の浸入箇所を特定し、防止の処置を行います。

Img_5165四周にボードを固定する木材を取り付け
Img_5168きれいになった軒天井


| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 23, 2007

Sマンション コンクリートの施工状況

全面リフォーム、リノベーションを行うと、マンションコンクリート下地が現れます。壁の下地が組まれ、ボードや合板が貼られてその上にクロスなどが貼られていますから、一般に目にする機会はないでしょう。

今回、壊してみるとこんな様子でした。
①型枠を切断したときのクズを掃除しないでコンクリートを流し込んだために、木屑の混じったコンクリート。
②コンクリートの打ち継ぎ部分がうまく連続していない。
③コンクリートの中になぜか発泡スチロール片や紙。

手抜き工事とまではいえませんが、大手分譲マンションでも気をつけないとこんなことになってしまいます。

Img_4814①梁の下部に木片
Img_4818②壁の打ち継ぎ部分
Img_4823③なぜか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 22, 2007

マンションリフォーム

昨年からマンションリフォームの依頼が増えてきた。
高齢者リフォームが専門だが、実はずっとマンションデベロッパーにいた関係でマンションも得意分野。

今日伺ったのは築38年のマンション。はじめてのリフォーム。設備機器やら造作やら、昭和の匂いがぷんぷんする。

上水道は10年ほど前に改修を終えていたが、雑排水配管が劣化して漏水が日常化しているとのこと。昨年から管理組合の議案に取り上げられ検討が始まったが、修繕積立金の不足、高齢化による一時負担の障害など問題は山済み。

建物や構造の変更を予測して、改修プランを練ることになる。さて、どうするかな。

Img_1400思い出が一杯詰まった部屋

| | Comments (1) | TrackBack (0)

December 28, 2006

今年最後の手すりの取り付け

朝の246号線を西へと走る。
雪のベールをまとった富士の霊峰が顔を出す。
年末の渋滞もなく愛車ミニキャブのエンジン音も心地良い。

8時過ぎには現場につくと
大工さん2名も丁度着いたところ。
暖かな陽射しが注ぎはじめたマンションの駐車場で
材料を確認しながらしばし時間つぶしの会話に花が咲く。

時間を待っていっせいに突入!
ユニットバスとトイレの合計4ヵ所に手すりの取り付け。
写真撮影、養生、手すりの取り付けと
作業はテンポよく進む。
取り付け位置や取り付け状況を確認し
施主さんへの説明を終えると
時間はまだ午前10時。

Img_0012_2ユニットバスの手すり


ちょっと遠回りをして事務所へと戻る。

年末も正月もなく
仕事は山のように残るのだが・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 01, 2006

書籍ができました

編集を担当した書籍が先月(財)経済調査会から出版されました。

積算資料ポケット版「バリアフリー」
 ~「安心して長く暮らす」ための住宅改修の設計・見積資料~
https://book.kensetsu-plaza.com/syosai/280.html

昨年発行した初版を大幅改訂しています。

担当した工事費編も、改修の写真や事例、イラストを追加してよりわかりやすくなりました。

ぜひ書店でご覧ください!

Img_1260

| | Comments (6) | TrackBack (0)

September 02, 2006

世田谷はあなどれない

 外出支援のボランティアでお世話になっている岡本ホームが、隣接する泉の家と合同で開催する施設公開イベントに出かける。
 日ごろ施設での陶芸などの体験もでき、子供連れの親子で賑わっていた。普段ボランティアで参加する方の子どもが、施設の障がい者たちと対面する姿は微笑ましい。「ほら、お母さんがいつも話してる○○さん。」
 地域との結びつきをどう造るか、どう強めていくかが重要である。
Img_0012_1手書きの文字がアート

 帰り道に立ち寄ったのが、「瀬田四丁目広場」。公園かと思っていたのだが、じつは国分寺崖線の趣を残す旧小坂」の別邸建築。こんな建築が、こんなところにあったとは知らなかった。世田谷トラスト協会により保存、管理されている。
 昭和20年の竣工。当時最高の素材と技術、そしてモダンな意匠を含めて造られている。入側に渡る10mもの京都北山杉の丸太。イギリスの田園住宅を模したマントルピース、寄木フローリングの書斎。八角柱のある水屋、電話室、女中部屋の呼び鈴、内倉など見所満載。今は木立に隠れているが、眼下には多摩川が見渡せたらしい。
Img_0053縁桁に京都北山杉の磨き丸太

 名建築でなくても、町中にそっと残る建築。町歩きは楽しい。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

June 24, 2006

可愛いピクトグラフ(絵文字)

文字を使わずに直感的に場所や意味を理解させることができるピクトグラフ(絵文字)。

非常口のマークなどが有名ですが
世界共通で、大人から子どもまで誰にでも理解できる
ユニバーサルデザインのひとつです。

これは、西新宿のオークシティで見つけた
カラフルな木で造った遊び心いっぱいのピクトグラフ。

必ずしもわかりやすいわけではありませんが
建物雰囲気に合った楽しいデザインです。

Img_0002_3障がい者でも使えるトイレ


| | Comments (1) | TrackBack (0)

June 08, 2006

防火シャッターの事故

エレベーターの事故に引き続き、今度は小学校の防火シャッターが誤動作して1年生が重体となる事故が起きました。悲しいことです。

防火シャッターとは、建築基準法によって義務付けられた設備で、火災の際の熱や煙を感知して、類焼や煙の拡大を防ぐために自動的に作動する仕組みになっています。

シャッターの事故は過去にも何度か起きていて、2005年の12月には建築基準法の施行令が一部改正されて危険防止装置の設置が義務付けられたばかりです。

Continue reading "防火シャッターの事故"

| | Comments (4) | TrackBack (0)