March 30, 2008

新しい出会い

人生さまざまな場面で出会いがある。毎日の生活の中にも、気をつけていればつねに当たらし出会いと発見がある。

先週仕事でお会いしたクライアントは、どちらも30代前半のパワー溢れる社長。

ひとりは横浜の関内で不動産賃貸業を営む。狭く決してキレイとは言えない事務所の中には、この時期ひっきりなしに学生と思しき来店があり、若い社員がてきぱきと接客をこなす。
訪問の約束をとるのに何度か電話をした際に電話に出たスタッフのスピード感と心のある対応にも感心していたが実際に店を訪れ社長に会ってみると、なるほどと感じるものがある。
オーラとまでは言わないが、内から湧き出てくるようなパワーがある、活気がある。

もうひとり、こちらは建設足場で年商5億をあげる(株)HILTEXの社長。21歳で独立、いまや社員30名をまとめ上げる。
今年オープンした東京支店の知人から紹介してもらったのだが、ピンクのシャツを着こなし、日焼けした顔に若者らしい清潔感溢れるファッションを装う。
仕事への誇りとこだわり、現場主義を貫く姿勢に頭が下がる。

独立して、会社の肩書きがなくなって人と合うとき、信念、言葉、立ち居振る舞い、すべてが自分を表現する手段となる。評価され、判断される材料となる。

そんなことを思いださてくれる良い出会いであった。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

January 04, 2008

検索ランキング

ホームページの住宅改修事例を更新しました。

ぜひご覧ください。

わかりにくいところなどあったらご指摘いただけると幸いです。


ついでに当社がどのくらい検索エンジンにひっかかっているか久しぶりに調べてみました。

以下、Googleの検索順位です。

○エポック・ハウス 2位
○ケアリフォーム 1位
○バリアフリーリフォーム 53位
○介護リフォーム 100位以下
○介護保険の住宅改修 15位
○手すりの取り付け 2位
○段差の解消 21位
○床材の変更 1位
○扉の変更 21位
○洋式トイレへの交換 9位

とくに対策を施しているわけではありませんが、なかなか良い結果です。

昨年あたりからホームページからの問い合わせが増えているのも納得がいきました。

少しでも多くの方に知っていただき、自分なりに住環境整備のお手伝いをしたいものです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 01, 2008

あけましておめでとうございます

新年おめでとうございます。


今年はどんな年になるのでしょう。

古く疲弊した制度や組織をぶち壊して

ふたたび夢を持って歩み出すようなスタートの一年としたいものです。


皆さんにとって、健康で平和な生活が実現するように

少しでもお役に立てればと思っています。


どうぞ今年もよろしくお願いいたします。

エポック・ハウス

伊佐明夫

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 25, 2006

自転車事故

夕方お客様のところへ見積書を届けた帰り、家の近くで交通事故を起こしてしまう。自転車vs自転車の事故。

すれ違ったと思ったら、相手の上着の裾がハンドルに引っかかってて転倒。頭から道路にダイブして、ひたいや鼻、膝、肩などに打撲と摺り傷を負う。

顔面から出血していたもので、通行人が救急車を呼んでくれて病院へ。レントゲン、CTをとったけれど、鼻がちょっと折れたかもしれない程度で、ほかは異常なし。ほっ。

おでこと鼻にガーゼ、右手と右ひざに包帯。何だかひどい顔になってしまった模様。(顔の傷をまだ見ていないのよ)

自転車で車道の左側を走っていたのだが、ちょうど向こうから歩道と車道に平行して自転車が向かってきて、すっと交わせると思ってスピードもろくに落とさなかった。自転車だからって油断しちゃダメだね。


相手の学生さんも話したらいい人。通りがかりのおばさんたち、救急隊員の皆さん、医療関係者、どうもありがとうございました。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

October 23, 2006

障害者の雇用の場

下高井戸のマンションで午後一番の打ち合わせ。
30分ほどで終わり、近くの松沢まちづくり出張所にある喫茶YOU・遊で遅い昼食。
ここは障害者の働く場。
お昼のピークを過ぎて店内には老人の客がひとり。外のメニューを眺めていると、ガラス張りの店内から熱い視線が集まる。早く仕事がしたいという気持ちが伝わってくる。
ちょっとフェイントをかけて店内に。
さっそく冷たい水が運ばれる。
オーダーを聞きに来た女の子に注文を伝えると、いっせいにカウンターの中のスタッフが動き出す。食器を並べる者、冷蔵庫から食材を取り出す者。
そんな彼らの背中に向かって、女の子はていねいにオーダーを伝える。
マニュアル通りの受け答えにも、ひとつひとつの動作にも、熱心な本気がこめられている。

自分がいつのまにか忘れていたこと。

こうして彼らから教えてもらうことがある

| | Comments (1) | TrackBack (0)

October 05, 2006

リフォームの手順

リフォームは複雑です。

住まいの履歴がわからない場合があります。図面すらない場合が少なくありません。途中で増改築などで手を加えられていると、よけいに難しくなります。

結果、手探りで、想像力を働かせながらプランを練ることが大切になってきます。建築の学校では教えないこと。イマジネーションできるかは、建築家のセンスに委ねられているのです。

プランの検討、材料の選択など、ひとつひとつ問題をクリアにしていって、ベストな解決を探ります。建築家の押し付けであってはいけません。

現在バリアフリーの改修を依頼されているお宅には、7月からもう7回も通っています。現場を拝見し、プランのご相談を数回、カタログで設備や部材のご説明をし、やっと先日契約となりました。

実は、ここまでは単なるプロローグ。もっと重要なのは、施工です。紙の上のプランが、現場で間違いなく施工されなければいけません。そのためには、信頼できる施工業者や職人と、それでもなおチェックの目が必要です。

メニューを作ってお客様の選択肢を絞ってしまえば簡単なのかもしれませんが、こだわって造りたいと思っています。

・・・ちょっと ひとり言でした

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 16, 2006

李さんに会いました

 昨夜は友人と経堂の名物居酒屋「太郎」でおいしいお酒を飲んだ後、餃子が食べたくなってひとりで「からから亭」に立ち寄りました。

 マスターとお話していると、入ってこられたのが李さん。地元で陶芸教室まだん陶房を運営され、渋谷で焼肉屋清香園を経営する実業家。

 ホームページにある鬼のイラストも、「からから亭」にあるメニューも李さんが描いています。

 味のある文字と絵に魅力を感じていましたが、ご本人はもっともっと魅力的な方。

 すてきな出会いをいただいて、楽しい一夜になりました。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

September 07, 2006

マザー・テレサの言葉

わたしたちは偉大なことをすることはできません。偉大な愛で小さなことをするだけです。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

August 01, 2006

プール事故は設計ミス

子どもの大好きな夏休みに、何とも痛ましい事故、悲しい出来事が起こった。

ふじみ野市大井プールでの事故は、管理する自治体、管理会社に大きな責任がある。これからの事態を見守り、再び事故が起こらないように知恵を絞らなくてはならない。

排水口の60cm四方の柵が外れたことが事故の原因ではあるのだけれど、設計上の問題を指摘したい。

そもそ人間の頭が入る直径30cmの排水口に問題がある。一定の水量が確保されるのであれば、他にも設計上の解決策はあったはず。排水口の径、位置、向き。子どもが吸い込まれることのない大きさの排水口に、すべてのプールで改修すべきである。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

June 28, 2006

新しい名刺、届きました。

フリーライターの友人、関さんに教えてもらって使っている名刺です。

熊本のエムツーワークスというところの作品で
ホームページから注文することができます。

昨年11月からこれで3回、300枚お願いしたことになるのですが
なかなか評判が良く、感謝しています。

私の名刺希望の方も、ご連絡お待ちしてます~!

| | Comments (5) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧