« 町田市にコールセンター | Main | ケアマネの責任 »

April 04, 2006

住宅改修 その後のフォローは?

 今日は、1月に手すりを取り付けたご利用者さんの所に、3ヵ月後の確認にお邪魔しました。

 当社では、通常3ヵ月、半年、1年、2年で、定期的にアフターフォローを心がけています。心がけているというのは、実はすべてに実施しているというわけではないのです。

 介護保険の改修の場合には、ケアマネさんの了解がいただけなかったり(アフターフォローの必要性を理解していないケアマネもいます)、ご利用者さんの都合が合わなかったり、また高齢者や障がいの方の場合に、とくにデリケートな問題も含んでいて当社からの一方通行のアプローチがなじまないケースがあるからです。

 そういった方とは、ケアマネさん経由でお知らせいただいたり、お手紙で様子を聞かせていただいたり、さまざまな方法でその後のフォローを行っています。そんなところが現状なのです。

 改修業者の中には、アフターフォローを行わない事業者も少なくありません。しかし、高齢者や障がい者の住宅改修の場合、身体状況の変化などで必ずしも一度ですべてが解決するわけではありません。その後の状況をきちんと聞くことで、追加の対応をご提案できるのです。(仕事をもらうということではありませんので、誤解のないように)

 夕方には、2週間前に手すりの取り付けを行った利用者の体の痛みが大きくなって、今までの動作が難しくなったとの電話がケアマネさんからありました。木曜日に、再度利用者さんのお宅に集合して対応を検討することになりましたが、こんなところが高齢者の住宅改修の難しいかしいところでもあり、専門家としての出番でもあるのです。

|

« 町田市にコールセンター | Main | ケアマネの責任 »

Comments

Thanks a bunch for sharing this with all folks you actually recognize what you are speaking approximately! Bookmarked. Kindly also seek advice from my web site =). We could have a link exchange arrangement among us

Posted by: rencontre cougar | December 01, 2014 at 05:50 PM

In fact when someone doesn't be aware of afterward its up to other visitors that they will assist, so here it takes place.

Posted by: loi duflot | November 14, 2014 at 11:23 PM

実際に使ってみないと利用者さんの現状にマッチしているかもわかりませんしね!
アフターフォローは義務化してもいいようにも思います。
いろんな専門職の連携プレーは選択肢が増える分,相手によっては逆に選択肢が狭まってしまうんですねぇ。。
何だか切なくなります。

Posted by: 葉月 | April 04, 2006 at 11:55 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17852/9429054

Listed below are links to weblogs that reference 住宅改修 その後のフォローは?:

« 町田市にコールセンター | Main | ケアマネの責任 »